わかりやすい収納を意識しよう

収納する時のポイントを知ろう

ジャンル分けして収納することで、保管する場所を記憶しやすくなります。 使い終わったら、同じ場所に戻すことを子どもに教えてください。 すると子どもは1人でも、きちんと片づけられるようになります。 小さい頃から、自分で片づけることを学習させましょう。

棚に名前を書いておこう

1回教えられたぐらいでは、子どもは収納する場所を完全に記憶できないかもしれません。 そのたびに教えるのも面倒ですよね。 棚に収納するものの名前を書くと、子どもは収納する場所をすぐ理解できます。 また子供用の棚を用意したり、カラフルな棚を使っても良いでしょう。

お気に入りのシールを貼る

シンプルな棚でも、シールを貼ることで子どもが場所を覚えられます。 動物や、キャラクターのシールがわかりやすいので良いですね。 子どもが1人で片づけられたら、褒めてあげましょう。 褒めると子どもは嬉しくなって、何度も片づけをしようという気分になります。

何をどこに収納するのか決める

子どもでもわかるように収納する場合は、ジャンル分けをしてください。
ペンやハサミなどは文房具を入れるところに、絵本などはオモチャを入れるところに収納するよう指導すれば、子どもでも自分で使い終わったものを片づけることができると思います。
子どもが使ったものをずっと親が片づけていると、子どもは片づけができなくなってしまいます。
どこに収納するのか教えたら、後は自分で片づけさせてください。
すると子どもの、自主性を育てることができます。

収納する場所を教えただけでは、子どもはわからないかもしれません。
子どもが慣れるまでは、収納するものの名前を棚に書いておくのが良い方法です。
文房具やオモチャなどと書かれていれば、子どもでもどこに収納すれば良いのか、すぐにわかるはずです。
カラフルな棚を使って、収納させるのも良いですね。
すると何を収納する場所なのか、子どもは色で覚えます。
赤い棚には、文房具を収納するなどを教えましょう。

意外と効果的なのは、シールを棚に貼ることです。
動物や、子どもが好きなキャラクターのシールを貼って覚えさせましょう。
また、使ったらすぐに戻すということを覚えさせることが大切です。
後で片づけをすると行っても、そのまま忘れるかもしれません。
使い終わったらすぐ片づけることを徹底すれば、ずっと部屋が綺麗な状態のままです。
子どもがすぐに片づけたら、たくさん褒めてあげましょう。
褒めることが、今後に繋がります。

TOPへ戻る